ジョン・F・ケネディ Jr.

國分秀星 Q.H.P.


ジョン・F・ケネディ Jr.の事故死は暗殺だったのではないかという質問をいただきました。 私も興味がありましたのでチャートを調べてわかったことをまとめたアーティクルです。 著作権はフォル事務所にありますので、転載・引用の際はご一報ください。

1999年7月16日、ニュージャージー州エセックス・カウンティ空港から飛び立ったパイパー・サラトガ兇消息を絶った。 捜索の結果、20日、目的地マサチューセッツ州マーサズ・ビニヤード島沖の海底に墜落していた機体の中から操縦していたジョン・F・ケネディ Jr.、妻キャロリン・ベセット・ケネディ、義姉ローレン・ベセットの遺体が発見された。

著名人が変死すると、必ずと言っていいほど暗殺の噂が飛び交う。 人騒がせなデマにしか過ぎないこともあるし、ウォレン・ハーディングのように事実と思えることもある。 ジョン・F・ケネディ Jrの場合はどうだろうか。

ケネディJr 出生
ケネディJr 出生 (*1)

暗殺であるなら第1ハウス、第8ハウス、第12ハウスのルーラーの間にアスペクトがあるはずだ。第12ハウス中の天王星はそのルーラー太陽とスクエア、そこへ月が加わってTスクエアとなっている。 だがアセンダントルーラー水星と第8ハウスルーラー火星は太陽、月、天王星と関わっていない。 さらに水星は火星に対して接近のトラインで、自ら死を招くことが表示されていることから、ケネディJrの事故は操縦ミスによる墜落であって、他殺や暗殺とは考えにくい。

とすれば、これは航空機事故であり、その表示があるだろう。 ケネディJrの出生では木星、金星、土星の一群に対して火星がオポジションになっているのがかなり目立つ。 土星は「落ちるワシ」ベガ(*2)とコンジャンクトで、こういう状態の土星が第8ハウスルーラーとオポジションというのはかなり危険である。 飛行機に乗る、高いところへ登るような場合は安全な時期を選ばなくてはならない。

また、火星が第3ハウスと第8ハウス、金星が第9ハウスのルーラーであることから、父親同様、旅行中の死が表示されている。 木星は配偶者を表す第7ハウスのルーラー、また金星がルーラーとなっている第9ハウスは配偶者の兄弟姉妹も意味することが事故の状況を表している。

該当年のソーラーリターンを見てみよう。

ケネディJr 1998年ソーラーリターン/ニューヨーク
ケネディJr 1998年ソーラーリターン/ニューヨーク

アセンダント上には危難を意味するズベンエルゲヌビ(*3)があり、海、とくに深海・海底を意味する海王星にアセンダントルーラー火星が接近のトラインとなっているのは象徴的である。 さらに海王星は第3ハウスルーラー土星からアフリクトされている。

第8ハウスルーラー水星がディトリメント、逆行、さらに第8ハウスカスプに対してオポジションとなって変死が表示されている。 水星の位置には無分別を意味するグラフィアス(ζ Sco)と、進路を間違うラスアルゲティ(α Her)がある。

事故機は日没直後の残照の中を離陸した。 墜落現場に近づいたときは暗い海の上で水平線も見えなかっただろう。 さらに海上ではもやが発生していたというから、上下左右がわからなくなる空間識失調を起こす条件が揃っていた。 計器飛行証明資格をもっていないパイロットが事故を起こす一番の原因は空間識失調である。 前年4月に免許を取得したばかりで、まだ計器飛行証明資格をもっておらず、地上からのレーダー支援を得るために必要な飛行計画も提出しないまま出発し、空間識失調によって海面に向かって進んでしまったことがこのソーラーリターンに表示されている。

つづく

2011年10月

*1 父親の死、結婚、事故の年月日を元に出生時刻を修正した。
*2 『日本航空715便』参照
*3 『ロナルド・レーガン』参照

関連アーティクル
  • エイブラハム・リンカーン
  • エイブラハム・リンカーン(2)
  • エイブラハム・リンカーン(3)
  • ジェームズ・ガーフィールド
  • ジェームズ・ガーフィールド(2)
  • ジェームズ・ガーフィールド(3)
  • ウィリアム・マッキンリー
  • ウィリアム・マッキンリー(2)
  • ウィリアム・マッキンリー(3)
  • ジョン・F・ケネディ
  • ジョン・F・ケネディ(2)
  • ジョン・F・ケネディ(3)
  • ウォレン・ハーディング
  • ウォレン・ハーディング(2)
  • ウォレン・ハーディング(3)
  • ロナルド・レーガン
  • ロナルド・レーガン(2)
  • ロナルド・レーガン(3)
  • ロナルド・レーガン(4)
  • ロナルド・レーガン(5)
  • 日本航空123便
  • 日本航空123便(2)
  • 日本航空123便(3)
  • 日本航空471便
  • 日本航空446便
  • 日本航空446便(2)
  • 日本航空715便
  • 日本航空350便
  • 全日空60便・533便
  • 全日空60便・533便(2)
  • 全日空60便・533便(3)
  • 全日空60便・533便(4)
  • 全日空60便・533便(5)
  • 全日空58便
  • [ Home  |  Articles ]
    © 2011 FOL Office. All rights reserved.